創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(753)Y&R社長フランクフルト氏への問いかけ(1)



 

はてなスターカウンター

今の★数累計です。

茶色の枠をクリックし、スロー・ダウンしていただくと
★システムおよびカウンターの解説があり、
これまでの累計のトップ10のリストが用意されています。
ご支援、深謝。



ステファン・フランクフルト氏が世界第3位のY&R(国内)へ入社11年目、38歳で同社の社長に抜擢された
そのときたまたまニューヨークに滞在していたぼくは、インタヴューを申し入れ、許諾をえた。
その一部を抜粋する。


別の資料によると、アート部の責任者になったとき、ビル・バーンバック氏(DDB)、ジョージ・ロイス氏(PKL)、アーノルド・ヴァーガ氏(BBDOピッツバーグ)などを訪問、クリエイティブ部門のあり方について質問し、アート=コピー・セッションについて学んだという。


しかし、そのことについて、インタヴューでは打ち明けていない。


アーノルド・ヴァーガ氏←クリック



フランクフルト氏とのインタヴュー(1)


人材の活用


chuukyuu「トータル広告マンとして、あなたはこの代理店の全作品に対して責任を負われるわけですが、
あなたがこのY&Rの社長におなりになったことで、この国の広告界に新たにより広い反響を及ぼし、
かつ、若いクリエイティブマンを招き寄せる結果になるでしょうね」


フランクフルト氏「そうですね.Y&Rは4億7,500万ドルの扱い高を持つ、アメリカだけではなく、世界でも重要な代理店なのですから、とてもユニークなことといわなければならないでしょう。
私たちは、人間を評価するのに、能力でもって評価します。私たちは、ある程度伝統にしばられていますが、
かつてのY&Rの企業広告に『ありきたりなものに抵抗する』といった簡潔な広告がありましたが、私たちが現在やろうとしていることも、これなのです。
マーケティング方針が最高のクリエイティブな代理店、あるいはクリエイティブ方針が最高のマーケテイング代理店を、私たちは目ざしています。
私たちは、パートナーのようなつもりで、クライアントのビジネスを深く知ろうと努めます。もちろん、クライアント自身ほど、彼らのビジネスのことは知るよしもありませんが、そういった種類の好奇心を持つことは大切なことだと思うのです。
これは私だけの考えではなくY&Rの首脳陣全体の考えです。Y&Rの首脳陣は全体的にとても若い人々で占められています。
あなたが先刻お会いになったバーもその一人です。
彼はメディア・ディレクターです。
たぶん業界でも最高のメディアマンです。
とても信じていただけないでしょうが、業界には10人ほどのすぐれたメディアマンがいるのですが、そのうちの5人がY&Rで働いています。
プログラミングのプロセスのほうでも同じような具合です。
ユニオン・カーバイドの21世紀というプログラムのコンセプトも創作も、典型的な広告代理店の作品とはいえないものですが、これこそクライアントにとって真実の目的を達成し、可能な限り最高の仕事をクライアントのためにするのに必要な深さだと思うのです。
とにかくクライアントが大きくなれば私たちも大きくなるのです。
そういったシンプルなことなのです。
新しい仕事はつまり昔からの仕事なのです。
というのは、私たちは常に彼らと成長をともにしてきたからです。
ジョンソン&ジョンソンとかゼネラル・フーヅ、ブリストル・マイヤーズなどを見ていただけばわかりますが、中には30年も40年も私たちと付き合っているクライアントがあるわけです。
よりよい代理店になるにはそれが必要なのです。
私たちの従業員がやめて行く率は最も低く、クライアントが落ちる率も最も少ないのです。
一度取引が始まると、なかなか離れないでずっといてくれます。
それこそ、私の仕事であり、アンディの仕事なのです。
仕事しやすく、しかも最高の仕事ができると感じられ、正当に評価しうるような雰囲気をつくり出すことなのです。
感謝というのは、人間がエゴを持っている以上とても大切なことです。
人は、お金のために働くのではありません。
お金のためでなく、フィーリングなのです。
一つのアティチュードなのです。
週末にいらっしゃれば、休日にもかかわらず働いている人たちをごらんになるでしょう。
アンディが『だれか出社してやってくれなければ困る』というから出社しているのではないのです。
本当に今、自分たちがやっている仕事に愛着を持っているからなのです。
これは、この代理店のユニークな点だと思いますね」


明日に、つづく。





[ニューヨーカー・アーカイブ]によるソニーTV・シリーズ総索引)←クリック
[ニューヨーカー・アーカイブ]によるフランス政府観光局シリーズ総索引)←クリック
[ニューヨーカー・アーカイブ]によるシーヴァス・リーガル・シリーズ総索引)←クリック
[ニューヨーカー・アーカイブ]を基にエイビス・レンタカー・シリーズ総索引)←クリック
[ニョーヨーカー・アーカイブ]によるVWビートル・シリーズ総索引) ←クリック