創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1082)ベスト・セレクション(277)ジャマイカ(14)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(14)


この島にはスクランブル・エッグの木があります。
ジャマイカにおいでになったら朝食の心配は無用ですよ、
無料で朝食が食べれますからね。
(無料で収穫できるのがあまりに後ろめたいと感じるのであれば、
そっと1シリングを置いて帰りましょう)
※1シリングは約6円。


センナの木に登れない方は、小さな戦士に一声かけてください。彼らは木登りの名人ですから、あなたの代わりに木に登り、両手に抱えきれないほどの完熟アッキーを採ってきてくれます。これがまた逸品。(アッキーというのはジャマイカの国菜です。)採ってきたらさっそく調理します。まずはさやを取り除き、果肉と種に分けます。果肉の絶品たるおいしさを逃がさないためにも、すぐに塩を加えた熱湯入りのポット(なべ)に入れます。すると見た目だけでなくおいしさもまるでスクランブル・エッグのような一品ができあがります。(それも無職のひな鳥たちのおかげ。近年、ジャマイカには無職のひな鳥たちがたくさんいるのです。)ポットをお持ちでないのなら、ホテルにいらして下さい。シェフが腕を振るってアッキー料理をご用意いたします。ジャマイカ人の想像力は計り知れませんから、ホテルで味わうのは単なるスクランブル・エッグではないでしょう。バルメザン・チーズ、チェダー・チーズ、ミルク、低脂肪クリームにいくつか本物の卵などを用いたアッキ―・グラタン。贅沢なカレーソースを加えたアッキ―・ソフレ。トマト、ビーマン、ベーコンに玉ネギなどを使ったクリオール風アッキ―。刻んだ玉ネギに塩・コショウを加え軽くソテーしカレーと和え、アンチョビと一緒にバター・トーストにしたアッキ―・カナッペ。アッキーにはたくさんの可能性が詰まっています。(お腹が空きすぎて料理が待ちきれないのなら、生アッキーを食べることもできます。かじってみるとニンジンのような味がしますね。)
のどが渇きました?それではミルクをお持ちいたしましょう。ジャマイカに牛はいませんから、甘いココナッツの芯からミルクを搾取します。(愛想ある道端のココナッツ・マンが一回7セントで搾ってくれます。)
お食事の際にはパンも召し上がりたい?かしこまりました。パンノキをローストして参ります。少々お待ちを。(ジャマイカでは食べごろのパンノキがタダで手に入る箇所がいくつもあるのです。パン屋さんはたまったもんじゃないですよね。)
夕餉にロブスターはどうですか、と?酸素ボンベ、ゴーグル、フィンを持って透き通ったエメラルドの海へ参りましょう。大きく、身の詰まったロブスターを捕まえましょう。お金はいりません、カリブ海に感謝するのみ。
その他カリブ海の恩恵を受けたい方、知りたい方は旅行代理店かジャマイカ観光局までいらしてください。


C/W:
A/D:
Foto:


"The New Yorker" 1964.12.19


翻訳:東海大学 政治経済学部 経営学科 佐藤汰さん




In a land where scrambled eggs
grow on trees, money doesn't have to.
Come to Jamaica and pick your
breakfast right off the limb. Free.
(If you're too dignified to
climb, the most it can cost you
is a shilling lip.)


Shinny up a Scrambled Egg Tree (or, ask one of our army of small, semiprofessional tree climbers to do it for you). And get an armload of Jamaica's ubiquitous national vegetable --- beautiful, ripe ackee. Remove pod, pulp and seeds --- then drop the golden meat right into a pot of boiling water, add salt, and you have a dish that not only looks like scrambled eggs, it tastes like scrambled eggs. (There are a lot of out-of-work chickens in Jamaica these days.) If you don't happen to have a pot with you, you can always jolly the chef at your hotel into preparing your ackee for you. If he's as imaginative as most Jamaicans are with ackee, you'll end up with something more than just plain scrambled eggs. Perhaps Baked Ackee au Gratin, with parmesan, cheddar, milk, light cream and some real eggs. Or an Ackee Souffle, served with a rich curry sauce. Or Ackee, Creole Style, with tomato, sweet pepper, bacon and onion. Or Ackee Canape, sauteed with curry and chopped onion, salt, pepper --- and served on hot buttered toast with anchovy. (If you're too hungry to wait for all the fixings, you can nibble on raw ackee, like a carrot.)
Thirsty? Have a glass of Jamaica no-cow. Milk from the heart of a sweet coconut. (7cent each, from your friendly roadside coconut man.)
Need some bread to complete your meal? Find a breadfruit tree. And roast 'til ready. (In some sections of Jamaica, when the breadfruit is ripe and free for the taking, bakeries have to close down for lack of business.)
How about a lobster for dinner? Strap on your aqualung, mask and fins --- and flutter down to the bottom of transparent blue-green sea. And pluck a big, fat one right off a rock. No charge, compliments of the Caribbean.
For other compliments of the Caribbean, see your travel agent or J amaica Tourist Board, Dept. 6N, 630 Fifth Ave., N.Y.C.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.