創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1081)ベスト・セレクション(276)ジャマイカ(13)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(13)


竹のバナナ・ボートに乗って、夜のリオ・グランデを
急流下りするには度胸が要りますよね。
キャピン・ロイドがラム・パンチで恐怖心を取り除いてくれるでしょう。
恐怖心に打ち勝つには笑うのが得策かもしれませんね。


一見急流下りはスリリングですが、一回でも体験してしまえばそこまで怖いものではないと感じるでしょう。さりとて、夜は別物ですがね。(視界は奪われ、物音がしてもそこに何がいるのか判別不可能です。)だからこそ、酔っぱらうことが大事なのです。
ただ、ラム酒の用意が不十分であったら、ボート上でカリプソを奏で始めるという放胆すぎる行動に繋がり、終いには落水してしまいます。どんなに波が荒くとも、彼らは歌い、笑い、向う見ずな格好のまま川を下るのです。(もちろん、少しは意地を張っている部分もあります。ただ、怖いままでいるよりも無理にでも勇壮である方が安心するのです。)
心の準備が整ったら、最初の目的地、ポート・アントニオ付近のベリー・デイルへと向かいます。
辿り着いたら、シートの後ろに巨大な縞模様の傘を突き立て、ボートを川岸に停めます。
現地の剽軽者曰く、「ムーン・バーン防止のおまじない」らしいです。(ジャマイカの月は時折、青色に見えるそうですよ。月が、青ですよ!)突然ダウン・ビートが耳に入ってきたら、水上サファリの合図です。
まずはそっとボートに乗り、静々と水面を走らせます。スピードに乗ってきたら流れに任せて進みます。リオ・グランデは川幅がコンスタントに変化します。広くなったり、狭くなったり。複数のボートで下っている場合は、船頭同士が暗闇で声を掛け合います。時たま、カリプソに熱中しているボートは他方のボートからの声が聞こえず漂流してしまいます。カリプソがフィルターとなり声を遮断してしまうのです。
半分ほど下ると、小さな洞穴にごちそうが用意してあります。銀器や陶器の皿には蒸し焼きのフリカッセ・チキン。ボウルには豆ごはん、プランテイン・バナナ、みずみずしさ満点のサラダ、新鮮な島フルーツなど、贅沢品のオンパレード。ラム酒も十分にご用意しております。月夜に奏でるアマガエルの鳴き声は、下流まで響き渡る程です。
饗宴を存分に楽しんだ後は、眠たい目をこすりつつ、お腹いっぱい幸せな気分で帰りのボートへと足を運びます。
最初の恐怖心はどこへやら。ジャマイカの急流下りについて詳しい情報をお求めの方は、旅行代理店か、ジャマイカ観光局へとお問い合わせください。5N 五番街 650 N.Y.C 10020


C/W:
A/D:
Foto:


"The New Yorker" 1964.12.12
翻訳:東海大学 政治経済学部 経営学科 佐藤汰さん




Courage. If you're afraid to shoot
the rapids of the Rio Grande
at night, on a bamboo banana
raft, two of Cap'n Lloyd's
Encouraging Rum Punches will
surely remove your fears.
You may even find yourself
giggling at the dangers.


Even by day, the long swooosh down the white-water Rio Grande looks intimidating. But at night it looks even scarier. (What's that noise where are we what's that strange shape over there?) Hence the need for Liquid Encouragement.
But if the rum's not bolstering enough, we'll send two rafts of fearless Calypsos downriver with you. No matter how rough the water gets, they'll play, laugh and carry on in a most devil-may-care fashion. (Of course, they get paid to be brave. But it's some reassurance.)
To go rafting, drive to Berrydale, near Port Antonio.
The rafts will be waiting for you at the river's edge --- with huge striped umbrellas stuck into the backs of the seats. " That's to prevent moonburn," says one of the local wags. (You haven't heard about that Jamaican moon? Some of them are blue, mon, blue!) Suddenly there's a downbeat and the whole waterborne safari is under way.
The rafts sit softly on the water, and glide smoothly in quiet pools, at first.
Then, a small rush of rapids and the rafts skittle along. The Rio Grande widens and narrows, changes constantly. The rafts separate. Then move together. The rafters call out to each other in the darkness. Sometimes, it's the Calypsos' rafts that drift apart, Then you get stereo Calypso.
About halfway, you pull into a tiny cove and spread out a feast. Silverware and china, great casseroles of fricassee chicken, bowls of peas'n'rice, plantain, green salad and fresh island fruit. And more rum. And shadows and moonlight and tree frogs and the musical river.
Finally, back toward th e rafts, feeling drowsy, well-fed and mellow. And wondering what you were so scared about before.
For more on Jamaica's fast rivers and faster rum, see your travel agent or Jamaica Tourist Board, Dept. 5N, 650 Fifth Ave., New York City 10020.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.