創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1083)ベスト・セレクション(278)ジャマイカ(15)

 ・

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(11)


この子たちはドナルド・ダックやミッキー・マウスじゃなく、
西アフリカのクモ男のアナンシーやネズミのムース・ムー
スや猫のキサンダーの物語で育ちました。
その話を聞かせてくれるよう頼んでごらんになるといい。


ジャマイカの人ならだれでもあなたにアナンシーの話をしてくれるでしょう。でも、
これらの古いアシャンティおとぎばなしを純粋なかたちで聞きたいとお思いなら、
車と運転手を雇って、ジェット・コースターの軌道なみに急な赤い粘土の道を山村ま
ですっとばす必要があります(それは全く恐るべきドライブです。
これをやったあとでは、あなたもちょっとした話を二つ三つ作ることができます)。
クイック・ステップ(早足)村、Me No Sen'You No Come(人絶え)村,コンテント
(満足)村、プアマンズ・コーナー(貧乏人の広場)村、ナンサッチ(絶品伴、ウェイタ
ビット(ちょい待て)村、ストレッチ・アンド・セヴト(のびちぢみ)村、レスト(休息)
村、ジトリート(退却)村、ジタイアメント(引退)村などを訪ねてください。
あるいはほかの、気まぐれに、ユーモラスに、悲愴に、茶目気たっぷりに、皮肉に
名付けられたこの山国のかくれた村を訪ねてください。
そこでの夕陽が見られるように旅程を組んでください。これがお話の時間なのです。
広場に腰をおろしたお婆さんがいますか? コーヒー色の顔に紫色のボンネットを
かぶってますか? そう、その人こそあなたがはるばる聞きにきた語り部なのです。
童心に返ってください。そしてお婆さんの足元に座っている静かな子供たちの仲間
入りをしましょう。お婆さんは手を組んで話し始めます。「Nou a uol taim
Anansin stuori…」(逃げ出すことはありません、あなたの運転手が通訳をしてく
れます)翻訳「じゃ、昔むかしのアナンシーのお話を始めますよ」
語り終わっても、もっとアフリカ・ムードにひたっていたかったら山で夜をすごしなさ
い。マンデビル・ホテルは19世紀の植民地アフリカの小説に出てくるような、壮大な蔦
のからまった建物です(いったん19世紀的値段を聞いたら二度とこの丘から出たくなく
なるでしょう。3食つきで1日11ドル。これって決しておとぎ話じゃないんです)。
ジャマイカの物価安についてもっといろいろお教えします。ジャマイカ観光委員会へ
お手紙をください。


C/W:
A/D:
Foto:


"The New Yorker" 1964.12.26




Instead of Donald Duck and
Mickey Mouse, they grow up on the
West African tales of Anancy
the Spiderman, Moos-Moos the mouse
and Kisander the cat. Ask them
to tell you the stories some time.


Anybody in Jamaica could tell you the Anancy stories. But if you'd like to hear these old Ashanti fairy tales preserved in their purest form, you have to hire a car and driver, and head up the roller-coaster red clay roads into the mountain villages. (It's a hairy, scary drive. After you've made it, you'll have a few stories of your own to tell.)
Drive to the village of Quick Step, or Me No Sen' You No Come, or Content, or Poor Man's Corner, or Nonsuch, or Wait-aBit, or Stretch and Set, or Rest, or Retreat, or Retirement. Or any of the other whimsically, humorously, sadly, mischievousIy, or ironically named villages hidden in the hill country.
Time your trip so that you arrive at sunset. That's the story-telling hour. See that old, old, old woman sitting by the side of the village square? The one with the purple bonnet over her coffee-bean face? Well, she's the one you've come this far to hear.
Make yourself as young as possible, and join the quiet children at her feet. The old woman folds her hands and begins: "Nou a uol taim Anansi-in stuori, we gwain at nou." (Don't panic. Your driver will translate the incomprehensible curves of her mountain dialect for you --- as skillfully as he negotiated the curves of the mountain roads.) English translation: "Now a old-time Anancying story we going at now."
After the story ends, if you'd like to stay in the African mood a little while longer, spend the night in the mountains --- at the Mandeville Hotel, a great, rambling structure that looks like something out of a novel about 19th century colonial Africa. (Once you hear the 19th-century prices, you may never come out of the hills: $11 a day --- including three meals. And that's no fairy tale.)
For more true tales of Jamaica's low prices, write your travel agent or Jamaica Tourist Board, Dept. 7N, 630 Fifth, Ave., N.Y.C.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.