創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1089)ベスト・セレクション(284)ジャマイカ(21)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光局・広告シリーズ(21)


今年の休暇にお子さんを
どこかへ連れ出したいとお思いなら、
ジャマイカをお勧めいたします。


ジャマイカに行き、お子さんに多彩で心地よい世界を見せてあげたら素敵ではありませんか?
あなたにべったりだったお子さんが、自由に野原を駆け回ってたら素敵ではありませんか?
私どもは親御さんが好きだからこそ、気づいたのです。もちろん、子供たちだって同じくらい好きですよ。驚くべきことに、このように愛しさと堅固さの混じり合った感情は偉大なるナニー姫の時代から伝統的に続いているのです。ナニー姫の御意向は現在になっても色あせておりません。子を愛おしく思う心はいつの時代も変わらないのです。上の写真をご覧ください。ジャマイカのナニー姫(子守り姫)たちは若々しく、可愛らしい女性であることが多いです。彼女たちの多くは現場ナース(子守り専門家)という肩書きを背負っています。かつての優美な教母に負けないほど魅力的ですよね。
子守り姫の魅力の一部分を紹介しましょう。まずは賃金です。日給はわずか3.5ドル(1,260円。1ドル360円換算)。宿や旅行代理店が子守り姫を紹介してくれます。彼女はあなたのお子さんの遊び相手になってくれます。鮮やかなクレヨン色をした鳥たちや、貝、花々やフルーツなどを見せてくれたり、ジャマイカの民謡や民話を教えてくれたりします。お子さんが親になったとき、ここで聞いたお話を自分の子どもにもしてあげるのでしょうね。
子守り姫は一週間以内であったら、食事付きで最大12ドル(4,320円)でお子さんのお世話をしてくれます。コテージを借りて、子守り姫も一緒に過ごすという特別な措置を取った場合に限りますけどね。
ところで、このコテージのチェック・アウトはどうなっているのでしょうね。ご家族をお連れでいらっしゃる予定なら、ここで休暇を存分に楽しむためのお手軽な秘訣をお教えいたします。
貸切のビーチ、プール、ボートが完備され、一週間で200ドル(72,000円)を切るお値段のコテージを選びましょう。子守り姫のような使用人たちを含めてもお値段据え置きです。
コテージにしろ、ホテルにしろ、私どもの島にあるもの全てに溢れんばかりの魅力があります。その魅力を肌で感じたい方は、お近くの旅行代理店かニューヨーク、マイアミ、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコいずれかのジャマイカ観光局までどうぞ。


C/W:
A/D:
Foto:


"The New Yorker" 1965.12.04
翻訳:佐藤汰さん(東海大学 政治経済学部 経営学科)




If you'd like to get away
from the children
on your next vacation,
bring them with you to Jamaica.


Wouldn't it be nice to bring the children along to Jamaica, to show them what a varied and lovely world we live in?
And wouldn't it be nice to get them out of your hair once you're here?
We understand, because we like parents. Not as much as we like children, of course. But enough. Enough to have miraculously preserved The Great Nanny Tradition, complete in its old-time mixture of love and firmness.
Now, don't think that Nannies must be old fuddy-duddies. They're not like that at all. Look at the picture above. Jamaican Nannies tend to be young and pretty ladies, and although many of them carry such practical titles as Practical Nurse, they are no less magical than fairy godmothers used to be.
Part of the magic is their wages. For a mere $3.50 a day, your hotel or travel agent can make a Nanny appear.
She'll take the kids to play. Show them bright crayon-colored birds and shells and flowers and fruit . And teach them Jamaican folk songs and tales that they'll keep to tell their children .
By the week, you pay even less: as little as $12 with board . This is an especially suitable arrangement if you've rented a cottage and want a live-in Nanny.
Check out this cottage idea, by the way, if you' re planning to come with the family; it's one of the easiest ways to enjoy a vacation here.
There are cottages to be had for well under $200 a week, complete with private beach, swimming pool and boat. And aside from the Nanny, servants are included in the price.
For facts on cottages, hotels and all the good things on our island, talk to your travel agent or Jamaica Tourist Board in New York, Miami, Chicago, Los Angeles or San Francisco.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.