創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1068)ベスト・セレクション(263)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


オーバックス新聞広告シリーズ(了)


今日で、オーバックスのシリーズは終了です
1950〜60年代、DDBが「広告革命」「クリエイティブ革命」を
志したとき、ほんとうの意味で旗振りの役目を果たした80余点
を紹介できて、ほッとひと息ついているところです。
おそらく、世界でも初めての大業(おおわざ)の展示になっている
と自賛しています。


5月28日 オリンの総索引 temporinさん作製
5月29日 アメリカン航空の3人A/Dの競作総索引
               hiroysatoさん作製
5月30日 ポラロイド総索引 temporinさん作製
5月31日 オーバックス総索引chuukyuu作製


6月 予定なし   



家賃も食品も値上がりの中、見映えのためのやりくりは?


1970年の暮らし。
収入は変わらずとも支出は増えるばかり。
この先私たちの生活はどうなってしまうのでしょう。
公園で寝泊まりするのでしょうか?
野菜を摘み、魚を採って生活するのでしょうか?
洋服は必要最低限を残して少しでもお金に換えるのでしょうか?
確かに、食糧と住まいは生活に欠かせません。でも、洋服だって
欠かせませんよね――新たな感覚、新たな見方を持つことで身の
回りのものものが新しくすてきなものに見えてきます。1970
年は暮らしの概念が変わります。
より質が高まることは価格が上がることに必ずしも比例しません。
粋な格好は今だ変わらずお手頃価格です。
オーバックスは今だにリーズナブル。それが全てです。

お手頃価格を、オーバックスで。

C/W
A/D
Foto
"Unknown newspaper" 1970.08.30
訳は、コメント欄へのtaibon38さんの寄稿による。



How can you manage The Look
after increasing rents and the price of potatoes?


Life: 1970:
income unchanged, but outgo up.
So what can you do? Live in parks?
Pick berries, catch fish? Dress less?
Sure, food and shelter are necessary. But dressing well ---
a new lungth, a new outlook, a marvelous new thing to cover
you --- isn't?
New facts of Life 1970:
lower length doesn't equal higher price.
Fashionable can still be reasonable.
Ohrbach's is still reasonable.
And that's a fact.


Ohrbach's takes less out of what's coming in.




[ニューヨーカー・アーカイブ」によるVWオールドビートルのシリーズ(総索引)←クリック
オールドVWビートル拾遺(総索引)←クリック
[ニューヨーカー・アーカイブ ]を基にエイビス・シリーズ(総索引))←クリック
[ニューヨーカー・アーカイブ]によるソニーのシリーズ(総索引)←クリック
[ニューヨーカー・アーカイブ]によるシーヴァス・リーガルのシリーズ(総索引)←クリック



Ads Series for Sony TV on [New Yorker's Archives](An index) ←click

Ads Series for Chivas Regal on [New Yorker's Archives]
An index) ←click

Ads Series for Avis Rent a car on [New Yorker's Archives]
An index)←click

Ads Series for VW beetle on[LIFE]and others.(an index)←click

Ads Series for VW beetle on[New Yorker's Archives](An index)←click