創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1092)ベスト・セレクション(287)ジャマイカ(24)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光局・広告シリーズ(24)


港で揺れる古風な灯火の下には、
揚げたての魚や、キンキンに冷えたロブスター、
ピリ辛ロッティが見えます。
これら全て合わせても、お値段70セント。
ぼったくりじゃないかって?
いえいえ、ジャマイカではこれが普通なんです。
どんなに贅沢しても90セントは越えませんよ。


ジャマイカでは外に出れば、引きこもりがちな自分だって食べてしまえます。(屋根のない豪華なレストランがいくつもあるのです。)もちろん、テーブルとイスはありますが、路端で立食もしばしば。立って食べるのです。どういったものか、一度やってみて下さい。両足が立食を受け入れたなら、お口にもお財布にもありがたい御馳走が楽しめるでしょう。
さあ、フルーツカート美食ツアーの始まりです。マンゴー、ネイスベリーにポーポーなどを、採りたてココナッツと一緒に洗います。活きのいい鱈がたったの1セント。朝食には15セントあれば十分です。
お昼はディアブロ・マウンテンへドライブに行きます。そこから見る景色は絶品料理にも負けない程の感動ものです。
パン屋に行けば、アツアツで気分もホットにしてくれるミートパティが食べられます。外はカリッと中はフワッとした、魅力溢れたクロワッサンもあります。食品商から冷えたレッド・ストライプも買いましょう。1本だけ。今は焼きトウモロコシ待ちですね。綿の木の下で立ちながらの昼食にかかった費用45セント。
おっと、デザートを忘れていましたね。ご心配は無用です。スノーボール・カートにて魅惑のピンク・シロップたっぷりのアイスが3セントで召し上がれます。昼食には余裕をもっていらした方がいいですね。
おやつの時間までに、南西にあるミドル・クォーターズ付近のスター・アップルへと向かいましょう。おやつには川蝦。桃色のささやかな逸品。殻も丸ごと食べてしまいます。閑散とした分かれ道で立ち止まり、おやつにいくらかかったか思い出してみて下さい。1シリング、たったの14セントです。それ以上は1セントもかかっておりません。
どこからともなく現れてくる魚の売り子が持つ鉢には、燃えるようなトウガラシ、スコッチ・ボネットと一緒にバラ色の蝦が溢れています。紙袋1つ満杯にしてもお値段は2セント。さらに大きい袋で欲しいなんて思わなくなるでしょう。
小さなランプに火を灯し、気分も落ち着いたところで、糖蜜とシナモンたっぷりのケーキをご用意いたします。(これで1セント)
夕餉の準備はよろしいですか?もう少し待ったほうがいいと思いますか?灯光が消えないうちにいただくのが、より洒脱な味わい方です。さらにジャマイカの常食や宿について詳しい情報をお求めの方は、お近くの旅行代理店か、ジャマイカ観光局へお越しください。所在地:ニューヨーク、マイアミ、ロサンゼルス、シカゴ、サンフランシスコ。


C/W:
A/D:
Foto:


"The New Yorker" 1965.12.25
翻訳:佐藤汰さん東海大学 政治経済学部 経営学




At Old Harbour's lamplighted stands,
fried fish, cold lobster
and spiced roti bread costs about 70¢.
Because you can't bargain like we do,
you may have to pay up to 90¢.


You can eat yourself silly in Jamaica without even going indoors. (Some of our poshest restaurants don't have much use for a roof here.)
Of course, a restaurant gives you a table and chairs, while at a roadside stand, you stand. But try it. If your feet can take it, your palate and purse will be grateful.
Start your gastronomic tour at a fruit cart. Mango, naseberries or pawpaw washed down with a draught from a freshly lopped-off coconut. Then maybe a codfish flitter for a penny. Breakfast might cost 15¢.
For lunch, drive up in the mountains to Diablo, where some people feel full just from viewing the edible landscape. Get a hot (both meanings) meat patty from a baker's. It's a crusty crescent with something magical inside. Then buy a bottle of cold Red Stripe beer from a grocer's. No; better buy two. Now hurry on to a roast corn stand.
Then stand in the shade of a cotton tree and eat your 45¢ lunch.
Oh, we almost forgot dessert. But don't you. For 3¢ at any snowball cart you get shaved ice all dripped over with lovely pink syrup. It tends to settle your lunch and make room for the excesses to follow.
Now move along; southwesterly to change the scenery. And to get to Star Apple near Middle Quarters in time for the afternoon snack.
This is where you'll get the river shrimp. They're pink, tiny, and so delicate that we eat them shells and all. Stop at the deserted crossroads and before you have time to remind yourself that a shilling equals 14¢, It isn't deserted any more.
Fishwives appear from all sides, flourishing basins of rosy shrimp sprinkled with fiery Scotch Bonnet peppers. A paper sack-full at 2 shillings is enough to stop a large appetite. And to start a small bonfire. Calm it down with a bite of bulla, a molasses-and-cinnamon cake. (1¢)
Ready for dinner? Better wait till later, don't you think? Besides, it'll taste even better by lamplight.
For facts on more conventional food (and lodgings, too) see your travel agent or Jamaica Tourist Board, in New York, Miami, Los Angeles, Chicago and San Francisco.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.