創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1095・1103)ベスト・セレクション(290・298)ジャマイカ(27・35)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光局・広告シリーズ(27・35)


ジャマイカマリンバ・ボックスの音色、
ぜひ聞いてみたいですね。
アフリカの「カリンバ」を大きくしたようなカタチで、
ペルー発祥の「カホン」のような演奏スタイルですね。
この辺りの楽器の変遷をたどるのも楽しそうです。


ジャマイカの伝統的なマリンバ・ボックスの響きを聴くまでは、
ジャマイカの奏でる音色を聴いたとは、言えないでしょうね。
マリンバ・ボックスはコントラバスに似た楽器です。
違うところは、その上に座って演奏することです。


マリンバ・ボックスの音は、マラカスやギターの音色と共に聴こえてきます。
ズーンとうねるように響き、重低音の利いたビートを刻みます。
しかし、バスとは異なり,弦ではなく調律された鍵盤を弾き、瓢箪型の箱の代わりに角ばった箱の中で共鳴します。それゆえに、低音が迫力がより増すようです。
その音は、ジャマイカのどんな場所でも流れています。
夜、テラスで食事をしている時に聴こえてきます。咲き誇るブーゲンビリアに囲まれて。すぐそばで、波がザーザーと打ち寄せています。ろうそくの明かりもと。ウェイターは、山盛りのお皿を忙しげに運んでいます。
気だるい、官能的な音楽が背後に低音でズーン・ズーンと響いています。
歌手たちの軽快で甘い歌声に合わせてズーンと躍動感あふれるビートを刻んでいるのが聴こえてきます。「男にとって、高価なものをねだる輝く目の女は厄介。欲しい、欲しい、欲しがっています」と。
フォックストロットの比較的アップ・テンポでの演奏が聴こえます。ルンバ、チャーチャ、ワトゥーシ、スカも聴こえてきます。
スカって何かって?ジャマイカ生まれの音楽で、楽器を激しく打ち鳴らし、頭を振って、時には、体を揺らし演奏する陽気で情熱的な音楽です。「スカ・ライブの夕べ」「スカ・マニア」と地域のダンス・パーティに強烈なポスターが誘っています。
ですが、私達の音楽のすべてが低音で唸るわけではありません。
ジャマイカオペラ座ではギルバートとサリバンの作品が上演されています。ジャマイカの子守歌、道路を掘る作業員の歌、そして動物の歌があります。
ピヨピヨとひな鳥が。チュチュチュと小鳥がさえずっています。サーモン嬢の野鳥保護区域では、毎日4時にモノマネ鳥がフィンチの鳴き声で夕食を催促するかのように鳴いています。
トゥートティート、トゥートティート。蛙が夜、笛を吹いています。まるでフルートの音色です。
私達ジャマイカ人の話し方でさえ歌を歌っているようです。「イズ レディー、ユー・レディー、オールレディー」の意味は「アー・ユー・レディー(準備はできてる?)」です。
ジャマイカのさえずりや意味不明の言葉についてもっと知りたい方は、ご利用の旅行代理店またはニューヨーク、マイアミ、サンフランシスコ、ロスアンゼルス、シカゴ、トロントのジャマイカ観光協会にお尋ねください。


C/W:
A/D:
Foto:


"LIFE" 1966.05.20
"The New Yorker" 1966.12.03


翻訳:木原夫人




You haven't heard Jamaica
until you've heard
Jamaica's marimba box.
It's like a bass fiddle.
Only we sit on it.


You usually hear the marimba box with maracas and a guitar.
It goes thoomp. It thoomps out the beat.
But differently from a bass. Tuned keys are plucked instead of strings, resounding in a boxy box instead of a curvy one. And the thoomp seems thoompier.
It accompanies almost everything in Jamaica .
Hear it as you dine on a night-time terrace. Masses of bougainvillea around you. Sea swishing nearby. Candlelight. Waiters padding about with heaped plates.
Lazy, sensual music is thoomping away in the background.
Hear it thoomping to our sweetvoiced swinging singers. "The shine eye girl is a trouble to a man, she want and she want and she want."
Hear it thoomping fox-trot. Rumba. Cha-cha, Watusi. Ska.
Ska? That's our own arm-flinging, head-jerking craziness. "A Night of Living Ska!", "Skamania!" screech the posters for local dances. And the thoomp is upbeat, wild, driving.
But not all our music thoomps.
There's Gilbert and Sullivan at the Jamaica Opera. And Jamaican lullabies. And road diggers' songs. And our animals' songs.
Cheep. Tweet. Mockingbirds, finches, singing for their supper at Miss Salmon's bird sanctuary every afternoon at 4:00.
Tooteet. Tooteet. Whistling frogs at night. They sound like flutes.
Even the way we speak is singsong. "Is ready, you ready, already?" means, are you ready? For more about our warbling and garbling, see your travel agent or Jamaica Tourist Board in NewYork, Miami, San Francisco, Los Angeles, Chicago, Toronto.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.



文責:転法輪 篤