創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(1085)ベスト・セレクション(280)ジャマイカ(17)

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(17)


もしも、後甲板に足を据え獲物を探すが為に
海を航海する野蛮な海賊の船長がいたならば
彼は墓場へと導かれるだろう。 アーメン


本日のお説教は、見出すことの喜び、五感すべてを感じえる。
我々すべてに与えられた、幸運なる御霊についてです。
ジャマイカではこう言います「汝、目を太らせよ」と。呪われた過去を持つ聖堂などよりも、驚きに満ちたことを見出すでしょう。
たとえば、「ドクターのほら穴」は、洞窟のことでしょうか?いいえ、それは白昼夢の中に創造されたような南海の孤島にあるビーチのこと。
「総督の客車」?それは、ぎらぎらした歴史の金で縁取られた遺物でしょうか?
いいえ、それはミュージシャン、チリンチリンなるバーと共に、滑らかに静寂な椰子の木陰にピクニック停車するモダンなジャングルツアー列車なのです。
ジャマイカでは味わうのも二度、なんです。
朝食のお皿にあるのはスクランブルエッグのようですが・・・。いえいえ、アキーなんです。
ほら、窓の外の高い木になっているクリンツォンの房なんですよ。
そしてよおく聞いてください。
聞こえてくる歌うような、揺れるような言葉は本物の英語なんです。
でも、少し違うのです。
「swipple」という言葉、「slippery(つるつるする)」という意味ですが聞き心地がいいですよね。(切りたての熟れたパウパウ=マンゴーの説明に使います)
「jing-jang」これはうるさい人たち。(安売りをねらって市場にやってくるhappy jing-jangs。)
「crampiffy」なんて言葉もありますが忘れてください。「つっけんどんな人」そんな人いませんから。
視覚、味覚、聴覚、とくれば今度は臭覚ですね。
ここには、ジャスミンハニーサックル、ミモサ、オールスパイス、ハイビスカス、
アラマンダスそしてポインセチア。(ここではファンシーアナスというのですよ)
こんな感触もありますよ、ご機嫌で暖かな水は、ほかのどの海の水よりも
柔らかく、洗練されたビーチは、サラサラで細やかで・・・たまりません。
あなたの第六感、ジャマイカを呼んでいませんか?そうですよね。
夏シーズンのホテルのお値段、ジャマイカの最大の驚きです。例えば、
オーチョ・リオスにあるスマートシャウパークビーチクラブでは、眺めの
よさでランチを食べるのも忘れるような部屋が一泊9ドルです。旅行代理店
またはジャマイカ観光委員会にご相談ください。


C/W:
A/D:
Foto:


"The New Yorker" 1965.04.16
翻訳 清水大介 在ボストン32年




If the wild, buccaneering sea captain
who once stood all this quarterdeck
knew what it was being used for now,
he'd turn over in his grave. Amen.


Our sermon today is The Joy of Discovery, given to those lucky souls among us who can use all their five sweet senses.
"Let your eyes grow fat," we say in Jamaica, and you'll find even more surprising things than an organ loft with a wicked past.
So look twice here, before you leap. And jump to no conclusions.
For instance, is Doctor's Cave a cave? No. A beach, of the kind designed in a daydream of tropic isles.
Is the Governor's Coach a gilded relic of our gaudy history? No. It's a modern train that glides you through a jungle tour, with traveling musicians, a tinkling bar and a restful palm-shaded picnic pause.
Taste twice in Jamaica, too.
Are those scrambled eggs on your breakfast plate? No. It's ackee. You see it growing in crintson clusters on tall trees outside your window.
And listen twice.
That singing, swinging language you hear is really English.
But not really.
It has words like "swipple," which means slippery but sounds nicer. (Use it to describe fresh-cut pawpaw, ripe mangoes.) Words like "jing-jang" for a noisy crowd. (Bargain-hunt on market day and join the happy jingjangs.) Words like "crampiffy" to mean unfriendly. But forget it. It's a word you won't use.
Look. Taste. Listen. Now smell.
We have jasmine and honeysuckle, mimosa and cassias, allspice, hibiscus, allamandas. And poincianas, too. (We call them Fancy Annas.)
For your sense of touch, cool warm water that somehow seems softer than other seas. Superfine, granulated, confectioners' beaches. Oh yes.
Does your sixth sense tell you to come to Jamaica? It makes sense.
For the biggest surprise in Jamaica, see our summer hotel rates. Example: at the smart Shaw Park Beach Club in Ocho Rios, $9 a day buys a room with a view and the kind of breakJast that makes lunch quite superfluous. Ask your travel agent or Jamaica Tourist Board, Dept. LC, 200 Park Avenue, New York City.


広告シリーズ総索引
The general index of advertising series


図版かタイトルをクリック
Click a picture or a title.