創造と環境

コピーライター西尾忠久による1960年〜70年代アメリカ広告のアーカイブ

(822)VWオールド・ビートル、拾遺(52)

 

はてなスターカウンター

今の★数累計です。


"New Yorker"誌1959年8月1日号("LIFE"誌は8月3日号)から始まり16年間つづいたVWオールド・ビートルのシリーズは、いまなお、世界中の広告クリエイターの心の糧となっています。


キャンペーンの丹念な跡づけはの『ニューヨーカー・アーカイブ』によって行なったが、"LIFE"誌他からも拾ってみました。
[ニョーヨーカー・アーカイブ]によるVWビートル・シリーズ(総索引) ←クリック




[:450]


車をつくるには、1週間かかります。でも、整備士をつくるには、3年かかります。


ビートルと人間は違って当たり前です。
1枚の鋼鉄板は、7日目には頑丈なフォルクスワーゲンになってしまっていますが---。
新参者がフォルクスワーゲンの誠意ある整備士となるには、3年かかるんです。
しかも、並み大抵の過程ではありません。
彼はまずドアの把手から出発して、電気装置へとその腕に磨きをかけていきます (彼の肩越しに、タカのような鋭い目をした監督がにらんでいます)。
彼はすべての部品を分解して、そしてまた、それを元に戻します。
何度も何度もこれを繰り返します。そしてその所要時間を計ります。
彼が規定の時間内に正しくやってのけたら、でかした!
もう一度それを繰り返します。
この試験に2度合格して、やっとこの部門の仕事を習得したことになります。そして次の段階に進みます。
でもこれは、ガリ勉のほんの一部にすぎません。
彼がVWの組立てをしていない時は、VWの学科コースで私たちが彼を組み立てます。
ここではVWについて1日7時間の学科をやります。
だから、彼が見習期間を終えるころには、彼はVWのすみずみまで知りつくしてしまいます。
そしてやっと整備士として仲間入りするわけです。



C/W 不明 Unknown
A/D 不明 Unknown
FOTO  不明 Unknown
"LIFE" 1968.10.25
掲載誌年月日はhirioysato さんによる。





The series of the VW beetle that continued for the start 16 years from "Newyorker" magazine August 1, 1959 is a model of an advertising creator still all over the world now.


Being able a deliberate mark of the campaign ↓ was done by 'New Yorker archive' of.


Ads Series for VW beetle on[New Yorker's Archives](An index)←click


In addition, it picked it up from "LIFE" magazine and others this time.



It takes a week to make the car. And 3 years to make the mechanic.


Oh the difference between a bug and a man.
In just seven days a piece of steel evolves into a sturdy Voikswagen.
But only after three-years does a raw recruit evolve into a bona fide Volkswagen mechanic.
It's not an easy process.
He starfs with a lowly doorknob and works his way up to the electrical system.
(With on eagle-eyed supervisor over his shoulder.)
He tokes every part apart. And puts it bock together again. Over and over and over.
Then we clock him.
If he does the right job in the right time, bully for him.
He does it again.
Only after he passes the test twice do we feel he's mastered thot part. And can go on to another.
But this is only part of the grind.
When this man's not vworking on the VW,we're working on him. At a Volkswagen training school.
There he spends seven hours a day in class studying about the car.
So by the end of his apprenticeship, he knows every nook and cranny in a VW.
For once, man counts as much as the machine.