創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

(281)水曜日のたわごと

   水曜日のたわごと

ご迷惑をおかけしているアーカイブの休載、失礼しています。
9月8日から、新書づくりにとりかかって、2日過ぎました。

72歳の時に72冊目の編著書を出して以来、6年ぶりの著作ですが
2日目から、カンが戻ってきはじめています。
作業は順調に進むはずで、9月16日には約束どおり、版元へ原稿を
お渡しできる目安がついてきました。
きょうはデザイナーと、装丁・レイアウトの打ち合わせを行います。
本の趣旨は、大人の絵本---ページを繰るだけでわくわくしてくるよう
な仕掛けをプランしています。

見る本なので、目次も後ろへまわすつもり(編集者が、へえ、
こんな本のつくり方もあったのか---とおっしゃるような)。

でも、本をつくるのは簡単ですが、売るのがむずかしい。
で、売れる仕掛けのプランを練らねば。

11月に配本の予定です。
以上、休載のお詫びかたがた、ちょっとした弁明まで。