創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

ご紹介感謝。


Tさんから、『metabolism』(ご紹介いただいた記事はこちら)を見るようにとのメールが入りました。


1カ月前に立ち上げたこの[『創造と環境』38年前&いま]の意図を、正確にとらえてご紹介いただいています。


梅田望夫さん『ウェブ進化論』(ちくま新書)でショックを受けたのは、インターネットの普及でやがて、原稿料(印税も含む)生活者が打撃うける、というのは、無料の書き手が無限に増えるから…でした。


何も、今日明日のことではないでしょうが、旧著で絶版になっているものを、ネットにあげて読んでいただくだけで「よし」としよう、と決心しての新ブログでした。


タイトルどおり、38年前の著作とその関連著述をアップ、現在の状況と比較論及していただこうと試みています。


その意図をYさんに汲み取っていただけました。さすがに敏腕の編集畑の方だけのことはあると、感心、感激。


Tさん、そして紹介してくださったYさん、ありがとうございました。