創造と環境

コピーライター西尾忠久の1960年代を中心としたアメリカ広告のアーカイブ

6分間の道草

(1073)ベスト・セレクション(268)ジャマイカ(5)

・ ↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(5) DDBの3人のヴェテランのコピーライターが「ロンは名文家だ」とうらやましやましがった。 一人はサム・カッツ(男性)。毎金曜夕方スェーデンの恋人も元へ飛び、月曜朝ニューヨークへ出勤。 ロ…

(1079)ベスト・セレクション(274)ジャマイカ(11)

・ ↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(11) ニューヨーク取材からの帰路、メキシコに2週間ほど滞在して精神を解放した。 スペイン語が片言できると、スペインとメキシコは休まるし、失敗もする。 メキシコではグアナファート銀山の砦跡…

(1078)ベスト・セレクション(273)ジャマイカ(10)

・ ↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(10) いまのこの時間、chuukyuu がうがいしているのは、南アルプスの氷塊に土佐のぽんかんシャーベットを溶かしたのを北アルプスの自然冷水で割った豪華な水です。 喉頭がん末期でこの6ヶ月間、1…

(1077)ベスト・セレクション(272)ジャマイカ(9)

↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(9) 7月1日にあげた作品(1963.12.21)のあと、年が変わってからは4点がライフ誌に掲載されました。 掲載号とGoogleアーカイブのリンクを貼っておきます。 LIFEの作品は、追って日本語訳とともに公…

(1072)ベスト・セレクション(267)ジャマイカ(4)

k ↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(4) 年配者の冒険心の発露――これが旅先で爆発していたなんて、chuukyuuは、 さすがに気がまわらなかったなあ。 昭和5年(1930)生まれの仲間と日米の攻守が逆転した島----ガダルカナル島、 山本五十…

(1071)ベスト・セレクション(266)ジャマイカ(3)

↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(3) 「ジャマイカ訛り」で歌われるって、何語の訛りなのか疑問におもったので、 島の略史をググっみた。500年ほど前にコロンブスに見つかってからはス ペイン領、370年ほど前に英国領になり、…

(1070)ベスト・セレクション(265)ジャマイカ(2)

↑今の★数累計です。 ジャマイカ観光委員会・広告シリーズ(2) ジャマイカの免税みやげ物店のショップ・ガールだったこの女性を通りがかりに見かけた A/D ボブ・ゲイジ氏が、一行を案内していた政府の役人に撮影を口説かせたのであろう。 観光ボード側が用意…

(1069)ベスト・セレクション(264)ジャマイカ(1)

↑今の★数累計です。ジャマイカ観光委員会の広告シリーズ(1) 『アド・エイジ』誌1964年2月10日号で、常連寄稿家のひとりであるビル・タイラー氏は「今日の 広告の世界において、もっともすぐれた文章は、たぶん旅の分野におけるそれであろう」と前置き…

(1068)ベスト・セレクション(263)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(了) 今日で、オーバックスのシリーズは終了です 1950〜60年代、DDBが「広告革命」「クリエイティブ革命」を 志したとき、ほんとうの意味で旗振りの役目を果たした80余点 を紹介できて、ほッとひと息…

(1067)ベスト・セレクション(262)

↑今の★数累計です。オーバックス新聞広告シリーズ(50) 母、あるいは父、もしくは妻へ、誰かが決めた「○○の日」に 幾つくらいから気はずかしさが消えたろう? 欧米にも大和男心情の男がいるんだね。 謝辞はオーバックスにおまかせを—— たった一つの贈り物…

(1066)ベスト・セレクション(261)

・ ↑今の★数累計です。オーバックス新聞広告シリーズ(50) これが、オーバックスの新聞広告の81点目かな。 taibon38 さんのご尽力で、全うすることができそう。 そうでなかったら、倉庫に眠ったままで朽ち果てたかもしれ ません。 現物は、新聞1ページ…

(1065)ベスト・セレクション(260)

・ ↑今の★数累計です。オーバックス新聞広告シリーズ(49) [オーバックスには、少しのお金でできることがあります]シリーズの 7点目ですが、7点共通の演出があります。 お分かりですね? モデルの女性がにこりともせず、なにが気にいらないのか、不機…

(1064)ベスト・セレクション(259)

・ ↑今の★数累計です。オーバックス新聞広告シリーズ(48) 「あれ? コメント欄で umeume13 さんが、いみじくも――ラブ・コメディ映画の イントロ・シーンみたいで――とおっしゃっていた〔オーバックスには、少しのお金 でできることがあります〕シリーズは終…

(1063)ベスト・セレクション(258)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(47) 夏にトルコを、イスタンブールからカッパドキアまで旅して発見。 アラブ系の人って直射日陽が嫌いみたい。理由? 陽焼けすると、 それまで白人系の白肌だったのが薄赤じゃなく赤銅色(アジア系) に…

(1062)ベスト・セレクション(257)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(46) 有能秘書であるほど、寝こんで休まれると、お手あげ状態。 風邪引きだけとはかぎらない、定められている年休だって、 とる権利がある。 そんなとき、臨時に代替秘書を派遣してくれる会社がある と…

(1061)ベスト・セレクション(256)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(45) さて、「少しのお金でできることがあります」オーバックス・シリーズの4点 のモデルさんたち、みごとなロング・ヘアでしたが、うち3人が黒髪でした。 若い世代の女性がせっかくの漆黒を茶髪に染…

(1059)ベスト・セレクション(254)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(43) 1970年前後から、女性のロング・ヘアが帰ってきはじめていたんだ! ――それはともかく、昨日から4,5日は、いまや、なつかしの写真館写真スタイルの ビジュアルです。 もちろん、商品が服飾であれ…

(1058)ベスト・セレクション(253)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(42) 寝不足の原因は、このブログ――真夜中12時前後に起きだし、 今日の分を再点検後、アップ。再びベッド・イン。 ここ数年間、毎晩(毎朝?)、この繰り返し。 おかげで、死病にとりつかれちゃった! Ha…

(1057)ベスト・セレクション(252)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(41) あのころ――憑かれたように米国のクリエイティブな広告代理店を リサーチしていた、理由の一つをおもいだしました。 米国へ輸出して、向こうで広告代理店を選定するときの注意を説い ていたんです…

(1056)ベスト・セレクション(251)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(40) 5年半近く――1,900日以上、毎日アップしつづけてきました。 世界中からアクセスしてくださっている方々(11%前後)も含め、 ユーザーは延べ28万人を超えました。 紹介したDDBの作品も1,…

(1055)ベスト・セレクション(250)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(39) 「昨日だったら、よかっのに……」 一瞬、そう、思いませんでした? ふつうの人なら、それでいいんですけどね。 けど、広告のプロとしては――ね? 「母の日」の広告は、1週間から10日前に予告して…

(1054)ベスト・セレクション(249)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(38) このシリーズは、まもなく終了です。末尾掲出のこれまでのシリーズのように、 〔総索引〕化したいですね。 そういえば、オリンも、アメリカン航空も〔総索引〕化を怠っていました。 せっかくまと…

(1053)ベスト・セレクション(248)

・ ↑今の★数累計です。オーバックス新聞広告シリーズ(37) この数日、執拗に浮かぶのが、子規の絶筆3句の一つ―― 痰一斗 糸瓜の水も 間にあわず 一斗は先のことと、たかをくくってはいるものの、とにかく難儀。 30分おきにティッシュの山を築く。 子規と…

(1052)ベスト・セレクション(247)

・ ↑今の★数累計です。オーバックス新聞広告シリーズ(36) taibon38さんから、ボディコピーを訳してもいいとのお申し出 をいただいた。ありがたいこと。 chuukyuu としては、お受けすべきかどうか、考慮中。 それというのも、いまの広告制作者なら、オーバ…

(1051)ベスト・セレクション(246)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(35) オーバックスのシリーズ、早くも71点目です。 とにかく、膨大な作品量ですが、いまではDDB本社にすら残っていな いものも少なくないかも。 こうした勉強をするためもあり、47年前に日本デ…

(1052)ベスト・セレクション(247)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(34) 太古以来、暮らしぶりにすこし余裕ができると、人類は「礼」を つくってきた。 「礼」――すなわち、共同体の成員が守るべき「秩序」である。 "manner(マナー)"ともいう。 衣服の「礼」も、そう…

(1049)ベスト・セレクション(244) 

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(33) ぽくは、少年時代、宮崎 博史さんと佐々木 邦さんの ユーモア小説を愛読したものだ。そう、学校を休んで でも読みたかった。 そのうち、弱電メーカーに勤め、宮崎さんに松島とも 子ちゃんがヒロ…

(1048)ベスト・セレクション(243)

・ ↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(32) 発病このかた、周囲の方々の励ましと援助にすがりながら、 ここまで、さほど大きなボロもださないでつづけられました が、結局は独り仕事、病状は下降するばかり。もう、体裁を かまっていられな…

(1047)ベスト・セレクション(242)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(31) DDB流のネガティブ・アプローチもここに極まりぬってとこ。 DDBだから許されるのか、許されるようにクライアントを DDBが洗脳したのか? ま、広告って洗脳作業でもあるから。 母さんがぼく…

(1046)ベスト・セレクション(241)

↑今の★数累計です。 オーバックス新聞広告シリーズ(30) 「この世の中に、まったく新しいものはありえない」と断言した 科学者がいました。 「アイデアとは、在来の2つ以上のものの新しい組み合わせ」 という定義にしたがえば、肯首せざるをえません。 …